ウォーターコートとは
コーティング効果 [車]
抗菌・消臭効果
トルマリンとガラス成分(ホウ酸シリカ)が持つ特有の性質により、深化吸収し結晶化させた被膜面は防カビ・抗菌消臭効果を発揮します。
セルフクリーニング効果
セルフクリーニング効果とは
ウォーターコート施工面は、塗装表面が汚れ物質よりも水となじみやすいのが特徴。このため、汚れ物質と塗膜表面の間に常に水が入り込んで、煤煙や排気ガスなどの水となじみにくい(疎水性)汚れの付着を防いでくれるのです。さらに、雨水が当たる塗膜表面の汚れを雨水と一緒に洗い流してしまいます。これが「セルフクリーニング効果」といいます。

ウォーターコートの親水性
ウォーターコート施工面にはホウ酸シリカの被膜が表面に均一に広がっています。この被膜の分子それぞれに水酸基が付着し、空気中の水分子を吸着するのです。このためウォーターコート施工面はいつも水分子の薄い膜で覆われた状態となり、水になじみやすい、つまり親水状態を保ち続けるのです。

セルフクリーニングメカニズム
   
塗装表面に主成分シリカから水酸基(-OH)が露出しています。   シリカから露出している水酸基に空気中の水分が電気的に吸着します。   空気中の汚れ物質等が水膜の上に付着します。
         
     
雨が降って、雨水とともに汚れが流れます。   汚れ物質が落ち、きれいな表面を保ちます。    
耐久性
ガラス質の被膜層は耐候性にも優れており、退色防止効果があります。また、水アカもつきにくく、艶と輝きも得られます。
 
環境に優しいウォーターコート
コーティング剤に有機質のもの(公害になるもの)は一切使っていません。      
仕上がりが鮮やかで美しい
透明感のある被膜で、本来の色を保つ事ができ、色褪せしにくくなっています。
施工が短時間で簡単
基本的に水を介してのコーティングですから、すぐ施工出来ます。      
施工料金が安い
材料費、施工料が従来の油脂系のものと比べれば極めて安くなっています。
メンテナンスとサービスが簡単で経済的
一度コーティングすれば、後のメンテナンスが大変楽にでき、コストも安く経済的です。
耐久性が強く抗菌作用がある
ガラス質の被膜だから、硬くて極めて耐久性に強く、雑菌も防ぎます。     
△このページのトップに戻る