ウォーターコートとは
コーティング効果
ウォーターコートのコーティング技術
ウォーターコートは、自然界にある約10種類の鉱物を加工した特殊セラミックの性質特徴を活用し、水を電気分解し、外壁等の表面の凸凹に電気メッキの原理で被膜を作る仕組みを利用しています。
この特殊セラミックは水を弱アルカリ性にし、塩素等を中和させます、また、この特殊セラミックは電極を持っており水を電気分解し、洗浄力を増し、またガラス成分(ホウ酸シリカ)を湧出させます。
上記の成分を含んだ水を機能水といい、この機能水を水圧で対象物に吹き付けることにより、二つの働きをします。
一つは、イオン水の働きで汚れを浮かして取る界面活性効果と、二つ目は、衝撃電気を利用し、洗浄後ガラス成分を電着させる被膜形成効果です。このとき空気中の炭酸ガスも利用し結晶を起こさせます。
電気メッキの原理により対象物の保護層の分子とホウ酸シリカの分子が吸着し深部から結晶成分が配向し対象物の保護層を改質強化させます。


シリコンウエハー上の表面観察

メカニズム

無機質の2種類の特殊セラミックに通水させます。

電極をもった特殊セラミックの働きで水を電気分解し、弱アルカリイオン水に変化させます。
これによってできた水を機能水と呼びます。

水圧をかけ対象物の表面に吹き付けることにより、洗浄効果と皮膜形成効果を発揮します。

対象物の保護層分子と低温ガラスの分子が電気メッキの原理で吸着、結晶を作り、
深部からキメを整えるように結晶成分が配向し、ガラス質のつややかな膜を形成。
この被膜は、対象物の保護表面を改質強化して酸化を防ぎ、紫外線による変質を防止。

極めて耐久性のある硬い被膜が環境のダメージから対象物を防ぎ、対象物を保護します。
静電気の防止・油膜の防止・抗菌効果も発揮。

車用ウォーターコートは2種類
バリアクリスタル

バリアクリスタル
特長 1. 親水性 ⇒ 水を弾かず砂・埃等と一緒に雨水が流れる
2. 耐久性 ⇒ 100%結晶化ガラスの皮膜で耐候性が強い
3. 防汚性 ⇒ レンズ効果によるウォータースポットをつくりにくい
4. 易洗性 ⇒ ガラスを洗うような滑り感で洗車が楽く
弱点 仕上がり感 ⇒ 施工直後、ガラス系特有の透明感ある発色性を示すものの、有機系特有のツヤ・輝きには劣る
おすすめ 新車  ⇒ 新車のツヤ、輝きを長期間維持したい場合
        (研磨仕上げした中古車にも施工できます)

バリアクリスタル仕上げ
新車塗装表面の図   研磨仕上げした中古車の塗装表面の図



バリアクリスタルライト
バリアクリスタルライト
特長 1. 疎水性 ⇒ 水が固まって、砂や埃と一緒に雨水が流れる
2. 光沢性 ⇒ 水溶性シリコーンの特性で光沢がアップする
3. 防汚性 ⇒ 低撥水で汚れにくい
4. 廉価性 ⇒ 研磨仕上げが省け施工料金が安い
弱点 耐久性 ⇒ 一部水溶性シリコーンを使用する分、バリアクリスタルに比べ耐久性は劣る
おすすめ 中古車  ⇒ 一般的中古車で研磨せず、施工料金を安くしたい場合
         (より艶をアップさせたい新車にも施工できます)

バリアクリスタルライト仕上げ
ベースアッププロ使用塗装表面の図   ブライトケア使用塗装表面の図



2種のウォーターコート特徴

  バリアクリスタル バリアクリスタルライト
対 象 新車
中古車(研磨が条件)
中古車
新車(よりツヤを求める場合)
種 別 100%無機ガラスボディコーティング ガラス系ボディコーティング
素 材 ホウ酸シリカ ホウ酸シリカ+水溶性シリコーン
耐久性 極めて強い(全ての気候条件対応) ポリマー系より強い(定期メンテで持続性維持)
水反応 親水性(フッ素系塗装は疎水性) 疎水性(フッ素系塗装は低撥水性)
施工時間 40分〜90分 60分〜120分
防汚性
(自社評価)
10(汚れにくさの評価) 7(バリアクリスタルに比較評価)
仕上がり感 透明感のある映り込み シリコーン特有のツヤ・輝き

△このページのトップに戻る