中小企業優秀新技術・新製品賞、優秀賞受賞

第19回中小企業優秀技術・新製品賞「優秀賞」受賞

受賞ご報告と御礼

(株)エヌエムの「ウォーターコート」が第19回「中小企業優秀新技術・新製品賞」技術・製品部門で「優秀賞」に併せて「産学官連携特別賞」を、共同研究を行ってきた福井大学・岩井研究室(工学部教授:岩井善郎氏)が選ばれました。
これはこれまでご愛用のユーザーはじめ、支えてきていただいた各代理店様、施工店様はもとより関係者各位の地道な研究開発の成果が公式に認められた快挙と深く感謝いたしております。これを機に、本物商品としてより多くの人々に喜んでいただける製品づくりに精進して参りたいと存じます。



受賞詳細

1.受賞名
第19回「中小企業優秀新技術・新製品賞:技術・製品部門『優秀賞』株式会社エヌエム
2.「中小企業優秀新技術・新製品」について
この賞は、主催:(財)りそな中小企業振興財団、日刊工業新聞社、後援:経済産業省、中小企業庁が、中小企業の技術振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に、昭和63年から「中小企業優秀新技術・新製品賞」を設け、中小企業の開発した優れた「新技術・新製品」と「新ソフトウエア」を毎年表彰している。
3.受賞製品名
無機ガラスコーティング機「ウォーターコート」
機種名:W-05(200V温水仕様)
4.受賞経緯
2006年2月経済産業省「新連携事業」に認定を受けその後、これまでの一般普及型を改良、大量処理機能を持つ大手ディーラー向けウォーターコート専用機を連携先のデンソー中部と共同開発し製品化したW-05が対象となった。また、ウォーターコートのメカニズム解明や基礎データーづくり等の共同研究を行ってきた福井大学・岩井教授が、併賞受賞の対象となった。

受賞式の様子

受賞した「第19回中小企業優秀新技術・新製品賞」の授賞式が、東京、九段のホテルグランドパレスにて行われました。授賞式には、福井大学岩井善郎教授、ふくい産業支援センター加茂英男氏(元)サブマネージャー、弊社から2名参加しました。
授賞式及びレセプションには、受賞対象企業35社と、経済産業省中小企業庁石毛博行長官をはじめ、産業技術総合研究所吉川弘之理事長、中小企業基盤整備機構鈴木孝男理事長以下多くの来賓や、各大学教授、専門機関の審査委員、主催者関係等々約150名の見守る中、厳かに開催されました。「今回の応募は315件とこの種の賞は国内では例がないレベルの高い賞である」と主催者側からの審査報告と称賛の言葉をいただき、改めて今回受賞の重さを実感しました。



受賞報告

受賞について、福井県産業労働部とふくい産業支援センターへ受賞報告しました。
各担当部署の方々より、お祝いや励ましのお言葉をいただき関係者一同感謝と喜びで一杯の一日でした。山本雅俊副知事(福井県産業支援センター理事長)は、「国や各県が推し進めている産学官連携による新事業の大きな成果と評価であって、福井県から選ばれたことは誠におめでたいことです」とお褒めの言葉をいただきました。

山本副知事、横田専務理事との懇談では、加茂シニアプロゼクトアドバイザーから、受賞までの経過、授賞式の感想等詳細な報告があり、また副知事からは、開発のエピソードから商品化までの苦労話等についてご質があり当時を思い起こしながらお答えをしました。
しかし今回の受賞は、新連携認定による(株)デンソー中部との共同開発、福井大学岩井教授の学術的検証データー作成等が昨年度中に上手くかみ合い、新機種(W-05)開発へと結びついたことが功を奏した事。また加茂氏の適切な指導・アドバイスが結果受賞へと結びつきましたと報告。(松井)


日刊工業新聞に特集として掲載